看護師 書類選考

ナースではたらこ口コミ

看護師の書類選考

看護師,書類選考

看護師として転職活動を行う時も、他の職業の転職と同じように履歴書が必要になります。

あまりに応募が多い場合には、一旦書類選考で絞ってから面接に進む応募者を決めることがあります。
書類選考は無く面接の際に求人先に持参することもあります。
いずれにしても、履歴書では応募者が基本的な情報をきちんと伝えられるかと同時に、応募者の社会的マナーも見られます。
履歴書は面接とは違って書く項目は決まっていますし、じっくり考えながら書くことが出来ます。
基本的な部分さえ押さえれば、求人先のイメージアップに繋がる履歴書を書くのが可能なので、出来れば履歴書で落としたくないものですね。
まず、履歴書の書き方で手書きかパソコンかで迷っている方も多いのではないでしょうか。
どちらが良いかは求人先によります。
医療機関や介護施設などであれば、そこまでパソコンスキルを重視する訳ではないので手書きで書くのが良いでしょう。
「自分は字が汚いから。」と言ってパソコンを使う方もいますが、履歴書は字の綺麗さを競うものではありません。
基本的な項目がきちんと書かれているか、社会的なマナーのある人か、丁寧な字で書かれているかを見るものです。
みんなが同じ字になってしまうパソコンの文字では、丁寧に書けているのかどうか分からないですよね。
人間味もあまり感じられません。
ただ、治験コーディネーターや臨床開発モニター、医療機器メーカー、企業などの場合には、パソコンスキルをアピールと良いですよね。
手書きの履歴書だけではなく、一手間かけて職務経歴書をパソコンで作成してみてはいかがでしょうか。
病院求人高収入案件などに書類選考があって履歴書を郵送する場合には、パソコンで送り状を書くと良いでしょう。
どうしても自分の字に自信が持てない場合には、もちろんパソコンで履歴書を作成するのも有りです。

あるいは、時間さえあれば数枚ほど手書きで作成して比較し、一番良さげなもの、一番自分の魅力が伝わりそうなものを使うのも良いでしょう。

 

人間関係で悩まない職場

多くの看護師が考えている働きやすい職場の条件として、やはり人間関係の良さは必須ですよね。
人間関係が良ければ、少しくらい勤務条件が悪くてもスタッフ同士で励まし合って乗り越えられそうな気がしませんか。
ちなみに、スタッフ同士と言うのは、看護師同士に限った話ではありません。
看護師と医師との人間関係も、上手くいけばそれに越したことはありませんね。
逆に、人間関係の悪い職場だと、人間関係が良ければ気にならないようなちょっとした勤務条件の悪さでも気になってしまいそうですよね。
どんなに大変な業務でも決して他のスタッフに当たることなく、全体の雰囲気が悪くなることなく、スタッフ同士お互いに尊重し合って勤務できると良いですよね。
医師や先輩看護師からのいじめのある職場もありますが、出来るだけ業務以外のことで悩みたくないですよね。
ところで、転職で人間関係の良い職場を選ぶコツはあるのでしょうか。
正直なところ、人間関係は見える形にはなりにくいので、実際に勤務してみないことには分からない場合が多いです。
入職前に出来ることと言えば、職場見学や面接時の職場で勤務しているスタッフの様子をチェックすることくらいでしょうか。
入職前のチェックでは、スタッフが柔らかい表情で勤務しているかどうかを確認しましょう。
特に経験の少ないスタッフは、入職してからの皆さんにとってもっとも近い存在のスタッフでしょう。
こんなスタッフの様子は、必ずチェックしておきたいものですね。
スタッフの表情がこわばっていると、お局さんが厳しいこともあり得ます。
スタッフの表情には勤務の大変さも関係しますが、周りの人間関係によっても随分と変わってしまうものですからね。
それから、皆さんとしては、入職してから少しでも早く他のスタッフと仲良くなれるように、休憩時間を利用して積極的にアプローチしてみることも重要です。

ここで先輩看護師に自分のことを覚えてもらって関係を築いておくと、自分の居場所を確保しやすくなるはずです。

 

看護師は、1日の業務の流れはしっかり把握しておくこと

 

入職して少しでも早く仕事を覚えるのに大切なことは、やはり1日の業務の流れを把握しておくことです。
「次の仕事は何だっけ?」と1回1回思い出しながら業務をこなすよりは、1日の業務の流れを把握している方が断然仕事がスムーズに進みます。
さらに、大まかな仕事の流れを把握しておくと、それに合わせて細かい内容を当てはめていけば良いので、細かい業務まで覚えやすくなります。
では、1日の業務の流れを把握するためには、一体どのように心掛けたら良いのでしょうか。
もちろん、毎日言われた通りに業務をこなしているだけでは、いつまで経っても1日の業務の流れは頭に入ってきません。
どのような業務を行うかを1つ1つ簡単にメモして、1日の仕事が終わってから何度もそのメモを見直すことです。
始業時にメモを見直すのも、毎日の業務をスムーズに行いやすくなります。
メモの書き方としては、箇条書きに分かりやすくしておくと、業務を行っている時でもパッと見ただけで次に行う業務が分かりやすくなります。
「何時何分 ○○さんの入浴介助」と言うように、時間ごとにやらなければならない業務を簡単に書き込んでみてはいかがでしょうか。
このように書けば、自分がこれから受け持たなくてはならない患者さんの名前や情報も同時に把握することが出来ます。
メモを見直す時は、簡単に書いたメモから具体的な仕事の流れまで頭の中にイメージできると尚良しです。
これを毎日積み重ねているうちに、仕事に早く慣れていきます。
やはり仕事を指導してもらう側としては、先輩看護師の期待に答えて少しでも早く仕事を覚えようとする心掛けが大切ですよね。
これが出来る出来ないでも、先輩看護師の見方は変わってきます。
業務をメモしたり、メモを見ながら振り返ったり、始業前に前日の業務を復習したりなどのことは、先輩看護師がいなくても自身で努力できることです。
努力でカバーできる部分は頑張って、少しでも早く一人前の看護師になりましょう。看護師 ハローワーク

 

看護師は、職場の考え方を柔軟に受け入れること

 

基本的には、新しい職場に転職した以上は「前の職場ではこうだった。」と言う考え方は捨てるべきです。
とは言っても、あまりに考え方が違うと、戸惑ってしまいますよね。
もちろん、こんな皆さんの考え方は、絶対に職場で口に出してはいけません。
文句を言わずに、取り敢えずは新しい職場のやり方に従っておきましょう。
もし文句を言ってしまった時には、そこでの人間関係はもうお終いだと思った方が良いでしょう。
いつまで経っても、他のスタッフと仲良くなることは出来ません。
「新人の癖に何言ってるんだ。」
「そんなに前の職場のやり方が気に言ってるなら、ここに来るな。」
こんなふうに思われてしまいますよ。
特に新しい職場に来て「前の職場と違う。」と思うのは、転職と同時に職場の施設形態が変わった時にありがちなようですね。
「医療機関から介護施設に転職した。」
「国公立病院から民間病院に転職した。」
「医療機関から企業に転職した。」
「病院からクリニックに転職した。」
同じような形態の病院ばかりに勤めるのではなく、こんな転職の仕方もありますよね。
いずれにしても新しい職場に来たと言うことは、皆さんがその職場に上手く馴染めることを期待して面接官に選ばれたと言うことです。

なので、職場の考え方の違いに関しても、「前の職場ではこんな感じだったけど、それが正しい訳ではない。」と考えて、色々な考え方を受け入れる柔軟性を持つことが大切です。
職場の考え方には、「これが正しい。」と言う明確な答えはないのです。
「職場全体の考え方がそうなのも、何か理由があるのだろう。」と、職場の先輩たちの考え方をより深く知ろうとしてみることも大切です。
元々いるスタッフ、新しく入ったスタッフ、どちらか一方でも相手を理解しようとする気持ちがなければ、職場にまとまりが無くなってしまいます。
まずは、新人としては言った皆さんから、相手のことを理解しようと努めることが大切でしょうね。

 

http://つむじ.biz/